ハックルファーム エコ・ビレッジは、本気で“遊び場”を考えています。
 大人がマジメに遊ぶ場所を作りたい、それもアウトドアで。そう思い立った時、場所は真っ先にここに決まりました。

 目の前の清流へカヌーで漕ぎ出す、急斜面をMTBでダウンヒルに挑戦、とアクティブに体を動かすも良し、ツリーハウスが建てられる大きなケヤキの下、野鳥のさえずりと風の音を聞きながらゆったりと過ごすも良し。驚くほど自然豊かなのに町が近く、買い出しにも困らない。少し歩くと大井川鉄道沢間駅なので、SLに乗ってやって来る事も出来る。まさに理想的なロケーションなのです。

 早朝、散歩がてら汲んできた湧水で入れたコーヒーを飲みながら、訪ねてくださる皆さんに、どんな楽しい遊び方をご案内できるのかウキウキと考えているうちに、ふと思いました。
 今までに巡った数々のアウトドア施設の印象って、敷き詰められた芝生、ヤケに立派なクラブハウス、砂利敷きの駐車場?みたいなサイト、積み上げられたゴミの山・・・この施設が無ければ素敵な場所なのに。
そんな気持ちを抱かされる残念な場所が多かったように思います。

 私たちは“心地よさとは?”という永遠のテーマのもと、ロケーションを台無しにすようなものは絶対に作ってはいけないと考え、いつまでもこのすばらしい環境を守り、できるだけゴミを出さないような循環型の運営を心がけて行きます。

 そして利用してくださる皆さんもその取り組みを体験してもらい、エコ情報を共有しながら、心地よく滞在していただける“遊び場”を作って行こうと考えています。
ハックルファーム エコ・ビレッジ クラブハウス「Cafe Tree」
営業時間OPEN/10:00 CLOSE/17:00
TEL(0547)58−7800 FAX(0547)58−7801
e-mail/
ヴィラ・マスター
※夏季シーズンには時間延長いたします。
※月曜定休日
※キャンプサイトは8区画です。(チェックイン13:00→チェックアウト11:00)
※完全予約制 ご予約・お問い合せはコチラ
       ご利用料金の一覧表はコチラ

 河原で友達と競った「水切り」って楽しかった。
飛びそうな「レンズ型」の手頃な大きさの石を探して、
投げ込む角度とか、スナップを変えながら、腕がしびれるまで、ただただ投げ続ける。

 たわいのない遊びの中にも創意工夫があって、勉強が苦手な友達のほうがそういう遊びが得手だったかも知れない。
記憶の彼方へ消えて行きそうな、少年時代の夏の思い出。

 今では安心してこういう遊びが出来る河原も随分減って、水切り少年の姿を見かける事も少なくなってしまった。

 今度の夏休みには子供を河原へ連れ出して少年時代の「水切りキング」の技を見せてやろう。
キラキラとした懐かしい時間が過ごせるに違いない。

Copyright (C) 2007 Huckle Farm eco village. All Right Reserved.